• SSP療法器(低周波治療器) スプリア2014年10月27日更新

    SSP療法器(低周波治療器)スプリアは、鍼麻酔より生まれた治療器です。
    東洋医学の鍼麻酔の鎮痛作用と、西洋医学の電気治療(低周波治療)の組み合わせを実現したSSP療法器は、新たな治療波形「MF多段波形」を搭載し、より治療効果を高めることが可能になりました。
    また、冷感緩和機能付新型「フレアパッド導子」の採用、生体に優しい1/fゆらぎを治療周波数変化に使用し、モルヒネと同様な機序で痛覚を調整するといわれています。
    DSC_0352